雨などに濡れた場合のお手入れ方法

①大雨などで靴の中まで雨が染み込んでしまった場合、
 靴の中に靴専用の乾燥剤を入れて水分を吸い取ることをおススメします。
 靴専用の乾燥剤などがない場合には水分を拭き取り、かたちを整えながら新聞紙等を丸めて靴に入れます。
 ※淡い色の靴はインク等の色移りにお気を付けください。
 新聞紙はこまめに取り換えてください。

②風通しの良い日陰で乾かします。
 アウトソールが地面に触れているとソールが乾きにくく、カビが生えやすい状態になってしまうので、
 ソールを浮かせるよう立て掛けて陰干しすることをおすすめします。
 ※ドライヤーで乾かしたり、直射日光の下で干したりすると、急激に水分が蒸発してひび割れの原因になるので避けてください。
 
③クリーナーでカビなどの原因となる汚れを落とします。
 ※クリーナーは必ず布に取ってからご使用ください。直接靴に塗ると変色などの原因となります。


④防水スプレーを30センチ程の距離を開け、少ない量を靴全体にかけます。
 汚れや雨から靴を守ります。
 


2020年06月11日